風力発電機設置作業2008年7月20日

会社で今後販売する風力発電機を屋上に取り付けることとなりました。部材は下の写真にあるものがセットに含まれており、発電機、風車、インバータなどで構成されています。価格18万円

取り扱い説明書によると地上に左の図のようにワイヤーで保持したポールの突端に発電機と風車を取り付けるような構造になります。
今回はビルの屋上なのですでに12mほどの高さがあり、さらにそこから3mのポールを立てまして、1.7mの風車をその突端に取り付ける予定です。

1)発電機は3相で交流が出力されますので、左図にあるアルミボックス(コントローラ)を経由して直流が出力されるようになっています。
2)またボタン操作で制動する機能がありますが、強風下で停止するかどうかはまだ実験をしておりません。弱い風の場合は確かに止まります。
3)オプションでインバータなどがありますが、即座に家庭の100vにつなげるかどうかは不明です。
4)さらにオプションとして太陽電池をコントローラーにつなげることも可能です。
5)右は部品セットの写真で、このシステムで最終的に直流電源が出力されます。

価格表

発電機、ローター、コントローラー一式

形式 風400号 備考
呼びボルト数 DC24v コントローラは発電機からのAC電源をDCに変換して出力します。
出力 400w 風速12m/秒での出力
ローター直径 1700mm
ブレードの数 3枚
回転開始風速 2.8m/秒
定格風速 12m/秒
安全風速 50m/秒
コントローラー 電圧の高さを5個のLEDで表示、充電開始LED、制動/始動スイッチ、24v付近の直流を出力
  • new jordan shoes
  • cheap hockey jerseys
  • Discount Jerseys China
  • cheap jordans shoes for sale
  • Cheap jerseys
  • Wholesale jordan
  • cheap jordans online
  • cheap jerseys from china
  • cheap nfl jerseys wholesale
  • cheap jordans shoes