2008年8月3日
1)前回は発電機とポールをつなぐサポート部材〔台座)に48mmの穴あけを一方向より40mmほどまで終了したのですが、今日は部材を反転させて反対側から48mmの穴を開けました。心配していたセンターのズレは思ったほどなく、完成後48mmのパイプを難なく通すことができました。(写真1)
2)次にこの台座とポールをボルトで取り付けるために90度間隔に穴をあけてねじをきりました。(写真2)
3)その後パイプと台座にペンキを塗りました。パイプの中はペンキを流し込んで塗ることができたと”思い”ます。(写真3,4)
4)最後に写真はありませんが、ポールをグランドに固定し、強風時は地上に倒してブレードを守るための回転部分を作成しました。

写真1

写真2

写真3

写真4

使用機器
MILL350フライス盤
バンドソーJ1T120
ハンドグラインダー

風力発電機の設置2008年8月3日

使用工具
旋盤MW350
フライス盤MILL350
バンドソー(オビノコ盤)
電子のノギス150mm
ドリルセット
タップとダイスセット

フライス盤MILL350
今回はドリル盤として
使用しました。

バンドソー直径120mm
まで切断可能

タップとダイスのセット、
ほとんどのねじ切りに
対応

  • new jordan shoes
  • cheap hockey jerseys
  • Discount Jerseys China
  • cheap jordans shoes for sale
  • Cheap jerseys
  • Wholesale jordan
  • cheap jordans online
  • cheap jerseys from china
  • cheap nfl jerseys wholesale
  • cheap jordans shoes